同人音楽制作集団。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

コード

こんばんわ、今日の仕事に6時間遅刻して逆に超心配されたぼのぼのです。怒られた方が気が楽でした、ハイ。

さて、かずちがなんかおもしろい?のかよくわからないことを連投してるのでボクは真面目に行きたいと思います


読んだところであまりおもしろい話ではないので読み飛ばすかニコニコ動画にでも移動すればいいと思います。

さてタイトル通りコードについてうんちくを、合ってるとか間違ってるとか保証できないんでここで読んだことを自慢げに誰かに披露して恥をかいてもボクに当たらないでください。言うことだいたいいい加減なので


ツイッターでボクのことをフォローしてくれていて、逐一つぶやきを見てくれてるような暇人さんや、それとなく作曲をしてみたいって思ってる人なんかは聴いたことあるかもしれない4536って数列

この数字について長々と書き連ねていってみようかと思いますので、とりあえずここらへんがニコニコ動画移動しとくべきポイントかも


まず一般的に日本でのポップスでは『ドレミファソラシ』を『CDEFGAB』で覚えた方がいろいろ便利なのです。覚えたい方は覚えてみるといいかも。

ふむ、コードとはなにか?と言われても難しいんですけど、なんか音の組み合わせだと思ってください。ドとミとソを同時にならしたらこんな音になる的な。ちなみにCってコードになります。

そのコードを順々に並べた物がコード進行って言われる物ですね。

CDEFGABって鍵盤で言うところの白鍵で7音、さらに黒鍵もあるわけでオクターブ内に12個の音の組み合わせでコードを作るわけです。ボク個人としては4つの音を組み合わせた物を最小と考えるのですが、2つの組み合わせでもコードと呼べる気がするので(パワーコードとか)組み合わせは結構多いんじゃないですかね?数学得意な人に何通りの組み合わせがあるのかは任せます。

ただまぁいわゆる不協和音ってものがあるので結構絞れるわけですけど。今後12音全部鳴らすコードに名前をつけて曲で使ってみたいですね。

たくさんあるコードでも基本となるコードっていうものがあるのです。

それをダイアトニックコードって呼ぶそうです。全7種。作曲の本とか、理論書とか読んだことある人なら聴いたことあると思います。

3和音(3つの音の組み合わせ)だったり4和音だったりしますけど、ボクは4和音派ですのでここでは4和音で進めます。3和音にしたければコードネームから7って数字を取ってください

というわけで鍵盤的にわかりやすいキーCで話を進めます

キーCっていうのはドレミファソラシド(CDEFGAB)ですね、とどのつまり12種類ある音からこの7種だけを使おう!って感じだと思ってます。たぶん正確には全然違うんだと思いますけど、ボクはそう思ってます。12種も使ってらんねー、7個でよくね?ってノリでボクは特に困ったことはありません。

そして肝心のダイアトニックコードというのは、そのキーの基本となるコードのことなわけです。膨大にある音の組み合わせの中から、基本を作ったわけですね。

それがC△7 - Dm7 - Em7 - F△7 - G7 - Am7 - Bm7♭5

の7種

なんか見たことある人も結構いると思います、ちなみに△をmajって書いたり、♭を-(マイナス)って書く人や本もあるかも。ボクはもっぱら△です。♭の方は-だったりもしますけど、なぜなら書くのが楽だから

これがなんなのかというと、ダイアトニックコードなんだけど。ぶっちゃけこの7つだけ使えば曲は書けます。ボクは変にかっこつけない限りこの7種です。すいません嘘つきました。7種さえも使いません。4種くらいです。

構成音についてはめんどくさいのでそのうちの次回で

でわでわ、キーをGにしてみようかと思います。キーGって言うのはソラシドレミファ#(GABCDEF#)って音だけ使おうぜ!ってキーですね。キーCと6個同じ音を使いますけどFだけ違う音ですね。そんなキーです。個人的に好きなキーです。理由は単純に鍵盤の真ん中あたりのソが基点になってるからですけどね

というわけでキーGのダイアトニックコードはというと

G△7 - Am7 - Bm7 - C△7 - D7 - Em7 - F#m7♭5になるのです

ここでキーCのダイアトニックコードと見比べるととある共通点に気付けます。

△7 m7 m7 △7 7 m7 m7♭5って順なんですね。実はこれ。キーDだろうが、キーA♭だろうが全部同じなんです。

さてここでキーA♭のダイアトニックコードを書いてみましょう。使える音はA♭B♭CD♭E♭FGですね、嫌な予感しかしませんね。

A♭△7 - B♭m7 - Cm7 - D♭△7 - E♭7 - Fm7 - Gm7♭5

これがキーA♭のダイアトニックコードです。ドゥエッフ...ってなりますね。

でも現実問題キーA♭の曲が存在するわけです

で、めんどくさがりな偉大な先人が簡易的にしてくれたわけです。めんどくさがり万歳!

それが

I△7 - IIm7 - IIIm7 - IV△7 - V7 - VIm7 - VIIm7♭5

なんかローマ数字変換できなかったからIとVを駆使しましたけど、ローマ数字です。

アルファベットが数字になったことで、なにがどうなったかというと、いわゆる公式みたいなもんです。

底辺×高さ÷2じゃないですけど。底辺が3でも5でも、高さが6でも2でも、数字がわかれば三角形の面積は出せる感じで。この公式を覚えれば、どんなキーのダイアトニックコードはわかる的な。しかもいちいちシャープだフラットだ書かなくて済む!という

πみたいな感じですかね。3.14書きたくね。。。的な、違うかもw

そろそろ勘のいい人はわかると思いますが、はるか彼方になった冒頭の4536という数列

これはコード進行のことで、4→5→3→6って進むコード進行のことを表してるわけです

ようするに

IV△7→V7→IIIm7→VIm7ってコード進行ですね。キーCなら公式に当てはめてF△7 - G7 - Em7 - Am7になるわけです。

キーAフラットだと。。。。めんどいので書きたくないです。ようするにめんどいから書きたくないが解消されるわけです。言うのも楽だしね。『えふめじゃーせぶんす、じーせぶんす、いーまいなーせぶんす、えーまいなーせぶんすのコード進行ってさー!っていうより、『よんごーさんろくってさー』って言う方が楽なのです。

そんなわけで数字でコードを覚えた方がらくちんですよって話でした。

あなたの憧れのボカロPともこれで会話が弾むはず!『○○さんの××って曲のコード進行って4536ですよね!?』とかって、たぶんそのボカロPそこはかとなく傷つくからヤメたげてね。
関連記事
2011-11-22 : diary : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
about
えすぱー学園とは。
すみー、かずち、ぼのぼの、Shin
のメンバーによる音楽制作集団です。
同人音楽などを作っています。

作品に対するご意見ご感想、
ご依頼等何かございましたら、
mail☆espergakuen.com(☆→@)へお願いいたします。

当サイトはリンクフリーです。
バナーを貼って応援していただけますと嬉しいです!
[URL:http://espagakuen.blog134.fc2.com/]
[200×40バナー]
[468×80バナー]



Pagetop

counter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。