同人音楽制作集団。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

便所の落書き〜魔女と百騎兵(ネタバレ有り)〜

どーもこんばんわ、せっかくの土曜日休みだというのにひたすら部屋に籠っていたぼのぼのです。



screenshot_3.jpg


魔女と百騎兵なるゲームをちょっと前にやっていまして、久しぶりになかなかおもしろいと思えるゲームでした

購入のきっかけは『自由悪逆』というコンセプト

悪者が主人公ということなので、これわ!と思い買ってみました。まぁ結論から言うと悪者を成敗しようとやってくる正義の味方を薙ぎ倒すというボクが思ってたのとは違う感じではありましたが、単純にそこがマイナスにならないくらいにおもしろかったですね

幽々白書の幻海婆さんが言ってたような、主人公は決して正義の味方ではないのですが、気に入らないやつがたまたま悪だった的な感じなのでしょうか?

しかし序盤は悪者全開で楽しかったです。主人公はメタリカという魔女なのですが、プレイアブルキャラクターは百騎兵という変な生き物?を操作するのですが

魔女メタリカから噛みかけのガムをいただいたり

『私はあなたの母親なのです!』

というスーパー美人なお母様をネズミに変えて発情したオスネズミ数匹に弄ばせ、兄弟が欲しかったんだよお母さんwwwと言っちゃったり。

うーん、頭おかしいゲームやなー...と思っていたのですが、物語が進行してその世界の秘密が紐解けてくるとなにやら複雑なお話で。

かわいらしいパッケージとは裏腹に、登場人物の思惑や策謀、いろいろと絡み合ってぶっちゃけ一周じゃわけわかめな感じでした。キャラクター相関図がみたいわー...と思っていたら、やはり同じことを思った人が何人もいるのか、ネットで転がっていました。それくらい複雑!

表ではそんなこと言っといて裏では貴様なんてことを!?

ってどいつもこいつもしてやがって、謎が解けるたびに『あーマジか...』となりました。

このゲームにはノーマルエンド、トゥルーエンド、バッドエンドとエンディングが3つありまして。

ボクはトゥルーエンドとバッドエンドを見ました。トゥルーはいい感じに畜生エンドで、

正直『は・・・!?(威圧』

ってなるくらい納得いかないにもほどがある理不尽なお話で胸糞でした

そして正規ルートのバッドエンド。トゥルーエンドより一章長いのでまさかのそこから3、4時間ほど遊べました。

ネーミングとしてはバッドエンドなのですが、おそらく主人公メタリカに既に感情移入してるゲームプレイヤーからしたらグッドエンドでしょう。なぜバッドエンドというネーミングなのかもプレイすれば理解できるはずです。要するにどちら側視点から見たか?という話なのでしょう。

一通りやった感想としては、悪とはなんなのか?と考えさせられるお話でした。まぁもちろんこのゲームに限らず、漫画、映画、ゲーム、小説、あらゆる作品で取り扱ってるベタベタなテーマではあるのでしょうが。

案外そういう話に触れたときくらいしか考えませんよね。

最近だとワンピースのドフラミンゴさんが頂上戦争のときに、勝ったものが正義だ!って言ってましたし(最近でもねえ...

ホントにこれは最近!先週だかのキングダムで呂不韋さんが

『正義とは人物の人格に宿るのではない。勝者に宿るものなのだ』

って言ってましたね。

うーん、難しい。最終的に行き着くのは、正義だ悪だとくだらねえ!っていう黒ひげのおっさんの台詞が一番正しい気がしてきます。黒ひげのおっさんは個人的に非常にウザいから嫌いなのですが。


魔女と百騎兵の話に戻ります。

このゲーム、全編通して印象的なシーンが多いのですが、特にボクが気に入ったシーン。

(以下超絶ネタバレ)

ラストもラスト。主人公が女なのでヒロインと呼んでいいものなのかわかりませんが、ヒロイン的な立ち位置のキャラがいるのです。

作中、主人公と唯一の友へとなっていくのですが。

最後敵対者にあっさり殺されるのですよ。(しかもおそらくレイプされて?作中で明言はされていませんが、暗に示す表現がありまして...

そして主人公は生き返らせようと奔走するのです(大魔女という設定ですのでなんでもありですね

しかし霊界的なところで再会、会話をするのですが、ヒロインから生き返らせるな!と叱責されるのです。これが運命だと

そのあとの主人公の台詞が実に印象的でした。印象的といいつつもニュアンスしか覚えていませんが

『私は魔女だぞ?おまえが迷惑だろうと私がそうしたいんだ!誰になんと言われようが私は私のしたいようにする!』

まさに自由悪逆

作中通して見てきた主人公メタリカというキャラクターの人格からここにきてこのセリフは熱いものがありました。

あまりネタバレてもしょうがないので結論はここでは伏せておきます。


なんにせよストーリーがとても面白かった。そしてキャラクターデザインも魔女の面々がいい感じのキャラが多くて俺得でしたね

個人的に好きなのは魔女見習い時のマーリカさん!

3-8-1-witch-and-little-witch-0.jpg


大人になっても美人です!

maxresdefault.jpg

そして、ネズミに変えられてオスネズミに追われるとか...!←
関連記事
2014-03-09 : diary : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
about
えすぱー学園とは。
すみー、かずち、ぼのぼの、Shin
のメンバーによる音楽制作集団です。
同人音楽などを作っています。

作品に対するご意見ご感想、
ご依頼等何かございましたら、
mail☆espergakuen.com(☆→@)へお願いいたします。

当サイトはリンクフリーです。
バナーを貼って応援していただけますと嬉しいです!
[URL:http://espagakuen.blog134.fc2.com/]
[200×40バナー]
[468×80バナー]



Pagetop

counter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。