同人音楽制作集団。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

まだまだ水中、それは苦しい!

どうもこんばんは。かずちです。

またまたやってきました音楽紹介のコーナー。
ふたたび「水中、それは苦しい」(バンド名)の紹介です。

今日ご紹介するのは、「まじんのおのようこ」(曲名)です!!!


このタイトルを思いついたというだけで
ノーベル平和賞をあげてもいいぐらいの功績だと思います。
この音源にはしっかりとベースがいません。忠実。
相変わらずおシャンティなバイオリンですね。

言わずと知れたオノヨーコをテーマにしたアグレッシブなナンバーです。

ようこは何もできない。
ようこの相手の外国人も呪われた。

コミカルな風刺の中に光るセンスと狂気。
FFよりドラクエ派の僕にはたまりません。

かずち
スポンサーサイト
2011-11-28 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

この音楽を聴け!いや言い過ぎました

こんばんは。かずちです。

僕がハマっている音楽などを紹介してみようかと思ったり。
本日はこちら!

水中、それは苦しい(バンド名)の
「農業、校長、そして手品」(曲名)です!



とにかくこのパッションを感じてほしい。

終始真顔でカメラ目線のドラムプレイ。

リズミカルでメロディックなバイオリン。

エキセントリックなボーカルギター。

いないはずなのに鳴ってるベース。

圧倒的に少ない再生数、マイリス数、コメント数。

そして手品。

すべてがツボです。

かずち

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

2011-11-25 : 音楽 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【はじめてのおと】



私の彼氏は売れない作曲家だ。

毎日部屋に籠りっきりでパソコンと格闘してる。

私が部屋に来てるっていうのに、上下青のトレーナーとスウェットで、ヒゲはボサボサ。
もうちょっとデリカシーってもんがあるといいんだけど・・・。

「歌ってほしいのは、コレ。歌詞は適当英語でいいから。」

彼はそう言いながら、特大スピーカーから曲を流す。

相変わらず耳に煩いキャピキャピした曲・・・。



私は彼の仕事の手伝いをしている。

仮歌師?とか呼ばれるらしい。ようするに、彼の曲に歌を入れてあげる仕事。

このガラクタが散乱する部屋で歌うのにも、もう慣れた。



「ねえ、この曲って何に使われる曲なの?」

マイクをスタンドにセットしながら私は彼に尋ねた。

「ご当地アイドル。山口県のフグがどうたらこうたらとかいう色モノ。」

彼はディスプレイに向かい合ったまま答える。

「えぇ~。・・・もっとさあ、私の歌唱力を活かすような歌モノってないのぉ?
歌手でもないアイドルの仮歌なんて、私じゃなくてもいいじゃん。
それこそさぁ、棒読みな機械のヤツ、なんだっけ?・・・ボーカロイド?あんなんでいいじゃん。
あれならパパパってできんでしょ?」

「・・・。」
彼は黙ったままパソコンで作業を続ける。録音の下準備だろうか。

「そもそもさあ、機械の声なんかじゃ表現できない感情ってあると思うんだよね。
カナちゃんとかの歌ってやっぱりグッとくるじゃん?
やっぱ私はそういうのの方が性に合うっていうかさー!」

「・・・。」
突然彼は携帯電話を取り出し、誰かに電話を掛けはじめた。

「ちょっと~。なに?私が話してんでしょ!聞いてよ~!」



「やっぱりダメだな。自我を持たせて表現力を負荷する人工知能は確かに凄いが、
これじゃあ人間と変わらない。手間がかかる。やっぱり今までのプログラムでいいよ。
・・・こっちのは削除しとくから。」

「何わけわかんない話してんのよ~!」



彼がエンターキーを押すのと同時に

激しい耳鳴りが頭に響き


目の前に現れた文字を

私は認識する事が出来なかった


" アンインストールが終了しました "




かずち

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

2011-11-23 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

音楽を作る為に必要な事

こんばんは。かずちです。

パソコンに向かいっきりでずっと作業していると、
心も体も疲れてしまいます。

そんな時、僕は本を読んで気分転換をするのです。

今日はコレ。「ゴー!ゴー!ギター2006年12月号」
gogoguitar.jpg

何年か前に古本屋で買ったものですね。

sakazaki.jpg
アルフィー坂崎さんのスマイルが、荒んだ心を癒してくれます。

amp.jpg
ギターアンプの情報収集もかかせません。ふむふむ。

chikubi.jpg
ウホッ イイチクビ


かずち

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

2011-11-23 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

はもり!

こんばんわ、ぼのぼのです。

なんだか今日はいい夫婦の日だったらしいですね。今はもう23日ですけど

さて、昨日はなんだかよくわからないダイアトニックコードについてたらたらと書き連ねてみましたが、ぶっちゃけだからなんだという内容になってしまったので、今日はどうせなら少しくらい需要がありそうなハモリについて書こうかと思います。ハモ理論です

まず始めにハモリ(以下コーラス)には大きく分けて2種類あるのです。

1つが字ハモ、もう1つがウーアー系と呼ばれるもの。コーラスを行うことによってなにが変わるかというと曲に華やかさを加えたり、包み込むような空間を演出したりと、とりあえずなんか豪華になるのです。個人的には必須です。

歌ってみたをやってる方も多いこのご時世(大袈裟)せっかくやるならコーラスくらいまでは録った方がおもろいのになって思う動画も多々あるわけなので、このブログがきっかけでコーラスも録るようにしましたなんて人がいたら嬉しいなと。

まず字ハモで一番単純で簡単なのはユニゾン。単純に同じの2本歌えばいいんですね。正確にはコーラスと言えないのかもしれませんけど、むしろダブリングとかって言うんですけど、これだけでも結構変わるのでおすすめ。今からできる!

あとは字ハモは個数ですね。字ハモを1本加えるのか、2本加えるのか、3本加えるのか、はたまたそれ以上か。

3本以上だとテンションって言われる音を通ることになることが多いのでジャズとかに使われるとか使われないとか。ぶっちゃけボカロ曲の歌ってみただったら、曲にも当然よるけど2声でいける気がする。

ちなみに順序逆になったけど字ハモっていうのは歌詞付きのハモリだと思ってもらえると。3度上とか3度下のハモリってなんとなく聴いたことあるかと


ウーアー系のコーラスってのはまんまウーとかアーとか聖歌隊っぽいバックコーラスのことですね。なんかこれも原曲のストリングスパートとユニゾンしたりするだけでもそれっぽく豪華になる気がする←

ここでコーラス術の参考になるアルバムをば!

ビートルズのラバーソウル、同じくビートルズのアビイロードなど。とりあえずビートルズは結構コーラスすごいよね。さすがとしか言いようがない。

あとはQueenとかかな?そんでもって個人的に超絶大好きなのがデスチャ!デスティニーズチャイルドですね。彼女達のコーラスワークはクッソテンション上がるので是非是非聴いてみるといいですよん

あとは志方あきこさん全般の多重録音っぷりも好きだし。とりあえずなんかいろいろ聴けばお気に入りのコーラスを見つけることができると思います。アブリルとかケリークラークソンあたりのポストアブリル勢のラスサビに向けてのコーラスワークもかっこいいです。

とまぁ一通り紹介したところで本題

ウーアー系はとりあえずノリでウーアー言ってればいける気がする。きちんとやりたい人はコード進行を学んでください。内声とか外声ってものを知るとかっこいいのができると思います。道のりは遠いです。ボクもよくわかりません。

字ハモの基本は3度重ねってのをやってれば火傷は回避できるので超絶オススメです。だけどその3度ってなによ!?ってよく言われるので超絶簡潔にいうと同音から数えて3つ上か下の音だと思ってください。

キーCで言ったらドレミファソラシじゃないですか。

ドの3度上と言われたらミになります。2つ上じゃないか!?って声が聴こえますけど、何でか知らんけど同音を1度とする決まりなのでドレミのミが3度上です。わかりづらかったら3『度』じゃなくて2『個』で覚えるのももはやありかもしれません。ただ『度』で覚えといた方が、今後いろいろ勉強したいとか知りたいって人にはちゃんと覚えた方がいいと思います。

別に音楽そこまで興味ないし、楽しく歌って、でもどうせならハモリも自分で考えたい、歌いたい。でも別にそれ以上は興味ないわー。って人は2個で十分かと

というわけでミの3度上と言われたら、ミファソのソです。

つまり、ドレミーってメロがあったらこの3度上のハモリはミファソーになるというわけですね。

逆に3度下と言われたら2つ下の音だと思ってください

ドの2つ下はドシラのラですね、ドレミーってメロの3度下のハモリはラシドーになるわけです。簡単!

ただ、この何個下とか何個上って考え方は本来の正しい考え方じゃないので、正しい考え方を知らずにこの方法を多用してるとレベルが上がっていったときにいつかわけわからなくなるのでその時は詳しい人に改めて聴いてください。←無責任

この方法を取る際に最も気をつけなくちゃいけないのがキーです。その曲のキーで使う音を把握してないとカオスなことになるのが実は弱点なのですね

さっきドの3度上はミって話しました。半分正解なのですが、これはキーCのときにそうなるのです。ここ大事です、テストに出ます。なんでかというと、キーCはドレミファソラシを使うからです

ですが他のキーだと違う場合があるのですそれだけに気をつければこの方法でまず大丈夫なのですが、これが結構難しい。なのでキーってものを知って、その曲はどの音を使ってる曲なのかを知るのがコーラスの第一歩になるわけですね。

そのキーってのがよくわからないからできないよ!って声がめちゃくちゃ聴こえますけどもう3時なので今日はここまで。そのうちの次回はキーの話をするとかしないとか。アデュー
2011-11-23 : diary : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
about
えすぱー学園とは。
すみー、かずち、ぼのぼの、Shin
のメンバーによる音楽制作集団です。
同人音楽などを作っています。

作品に対するご意見ご感想、
ご依頼等何かございましたら、
mail☆espergakuen.com(☆→@)へお願いいたします。

当サイトはリンクフリーです。
バナーを貼って応援していただけますと嬉しいです!
[URL:http://espagakuen.blog134.fc2.com/]
[200×40バナー]
[468×80バナー]



Pagetop

counter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。